【聖地巡礼】『夏祭り恋慕う』MVロケ地 所澤神明社 を訪れてみた【=LOVE】

なんだか久しぶりの更新となってしまいました。

いろいろ忙しかったこともあって、自分の中で文章を書くことへのモチベーションが低くなってしまった時期でした。

もともと自分のペースで無理せず書きたいことを書くというスタンスで始めたので、問題ないと言えば問題ないのですがさすがにぼちぼち再開していこうということで。

改めてよろしくお願いします。

さて今回の内容はタイトルの通り、

=LOVE9thシングルカップリング曲『夏祭り恋慕う』のロケ地である所澤神明社に聖地巡礼に行ってきたのでその報告をというものです。

本来なら、推しのセンター曲のロケ地しかも自宅のある同じ埼玉県内にあるということでもう少し早く訪れていなければいけないのですが、中々時間が取れなくてシングル発売から2か月近く経った今となってしまいました。

今回は、現地への行き方や現地の様子、さらにMVシーンとの比較などをまとめています。

まだ訪れたことがない方、遠くて訪れるのが難しい方はこの記事を読んで現地の様子を感じてもらえればと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

曲の紹介

まずは今回の曲『夏祭り恋慕う』について簡単に説明していきます。

この曲は=LOVE9thシングルのカップリング曲となっており、センターは佐々木舞香ちゃんが務めています。

曲名のとおり夏祭りでの恋模様を描いた曲となっていて、浴衣姿で夏祭りや花火を楽しむメンバーの姿が見れたり、MVに出てくる男子の気持ちになってセンターの佐々木舞香ちゃんへの恋を体験できたりと満足度の高い1曲となっています。

曲の完成度も非常に高く、ややアップテンポの曲調からは夏の爽快感を感じれる一方で、クライマックスにかけてはその歌詞も相まって恋する気持ちが花火のように爆発しそうになるドキドキ感も感じることができます。

そして何と言ってもセンターの佐々木舞香ちゃんのやばさが半端ではありません。

こんなかわいい子がいたらそりゃ夏祭りに一緒に行きたいですよ。

浴衣ももちろんめちゃくちゃ似合っているのですが、個人的にはその前にMVで登場する白ワンピ姿が神々しすぎますし、あえて浴衣を着てこないという舞香ちゃんらしさも感じられてさらにいいです。

このMVを見てしまったら、舞香ちゃんの彼氏になりたいという感情を抑えることはきっと不可能でしょう。

こういったことから、この曲は=LOVEの楽曲の中でも屈指の名曲としてファンの間での人気もかなり高いものとなっています。

所澤神明社への行き方

次は所澤神明社への行き方の説明です。

最寄駅ですが、西武新宿線「航空公園駅」となります。

航空公園駅は東京方面からだと高田馬場駅から西武新宿線本川越駅行きに乗って40分程度です。

そして航空公園駅から所澤神明社へは徒歩10分程度となっています。

駅から目的地までの道のりを簡単に説明すると、

①まず航空公園駅の西口を出て左に進みます。(出てすぐのところに焼き鳥屋があるのが目印です)

②右手にセブンイレブンが見える道をしばらく直進します。

③左手に「ひばり児童館」がある交差点を左折します。

④「明峰小学校」という信号を直進します。

⑤しばらく進むと左手に目的地が見えます。

今回は「航空公園駅」からの道のりを簡単に説明しましたが、同じく西武新宿線「所沢駅」からも徒歩圏のようです。(こちらは少し遠くなってしまうようです)

所澤神明社(10月中旬)

私が訪れた時期は10月中旬でした。

平日の昼間ということもあり人はほとんどいませんでしたが、10月にもかかわらず蚊がとんでもない数いました。

このくらいの季節までは普通にいるんですね。

早速、当時の様子を写真と一緒に見ていこうと思います。

まずは入口にある鳥居です。

立派です。そして色がきれいでほとんど汚れていません。

次は入口から境内へと続く階段です。

境内へ行くには階段を2つ上らなくてはいけなくて、1枚目の写真の階段を上ると2枚目の広場のようなところがあります。

そこからさらにもう1つ階段を上ることで境内へと到着します。

階段自体はそれほど急ではありませんが、長さが若干長いので荷物が多かったりすると大変に感じるかもしれません。

次に境内です。

まずは御社殿です。

両脇には立派な狛犬が鎮座しています。

賽銭箱の横にはおみくじもありました。

こちらが参拝の前に手や口をすすぐためにある手水舎です。

神社全体はそれほど広くはないので20分程度あれば一通り散策することができます。

周りも住宅街で静かなので落ち着いた雰囲気で楽しむことができます。

また、近くには手打ちうどんのお店やファミリーレストランもあったので食事にも困ることはないと思います。

わたしが行ったときは近隣の方が数名みかけられる程度でしたが、七五三や初詣などいわゆるシーズンの時期はかなりの人が訪れるようです。

MVとの比較

最後は、実際のMVとの比較写真を見ていきましょう。

まずは言わずと知れたこのシーンです。

MVでいうと最後のシーン(左の写真)で、

舞香ちゃんが浴衣を着てここで待っていてこれから2人で夏祭りに行くというシチュエーションです。

改めてみるとなんか本当に待ち合わせ場所としていい感じの場所だなあと思いました。

木陰になっているのが雰囲気出してますよね。

もう一つ今度は別のシーン。

これはMVでいうと序盤のシーンで、夏祭りに行くためにみんなが続々と集合してくるというシーンでした。

実はこの場所は上の写真の場所とつながっていて、この階段を下りた先に上の写真の場所に到着するという構図になっています。

最後はこのシーン。

MVでいうと1番のサビ前あたりです。

みんなが浴衣を着て集合する中、舞香ちゃんだけ遅れて白ワンピを着て登場するシーン。

これは先ほど紹介した、境内に上がる前の2つの階段の間にある広場のような場所です。


というわけで以上、『夏祭り恋慕う』MVロケ地の所澤神明社を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

聖地巡礼をまだしていない方や聖地巡礼をするのが難しい方にとって少しでも参考にしてもらったり実際に言った気分になってもらえたら幸いです。

そして自分自身も、自分の好きな曲のMVで使われた場所を実際に訪れることができるのはすごくワクワクするし幸せなことだというのを実感しました。

MVを見た方は、自分の思い入れのあるシーンの場所を実際に見ることができるので是非1度足を運ぶことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました