コンサートのライブ配信を救いたい。【メリットを解説】

今回は、コンサートのライブ配信について考えていきたいです。

コンサートのライブ配信というのは、実際に現地で行われているコンサートの模様をリアルタイム配信をして、視聴者はそれを映像で見ることができるというサービスです。

少しでも多くの人がコンサートに参加できるようにするために、少し前からライブ配信を伴うコンサートというものはちらほらありましたが、

昨今の新型コロナウイルスの影響によって、無観客あるいは人数制限があるうえで実施されるコンサートやライブがほとんどになったことで、ライブ配信というものは今までよりも一般的なものになってきたのではないでしょうか。

ライブ配信を利用しようとする人が増えてきた中で、その時に多くの人が最初に思うのはやはり

実際に現地に行かずに映像を見ているだけで本当に楽しめるのだろうか?

ということだと思います。

これに関しては、私自身初めてコンサートのライブ配信を利用した際、まず考えたことでありこの部分でコンサートへの参加自体も悩んでしまったほどです。

今回の記事はこの疑問について私なりに答えを出してみましたので、

  • コンサートのライブ配信を利用したことがない
  • ライブ配信での参加でも楽しめるかどうか知りたい

このような方たちはぜひ参考にしてもらって自分の好きなアーティストのコンサートの楽しみ方について考えてもらうきっかけになればと思います。

現地>ライブ配信 事実ではあるが・・・

上に書いた疑問に対して、今までいろいろなコンサートの現地参加、ライブ配信どちらも経験したことのある私の見解で結論から言うと、

まず

やっぱり現地参加する方がそりゃあ楽しい。

これはゆるぎない事実。

でも、だからといって、

ライブ配信にしかないメリットもたくさんあって、ライブ配信ではコンサートが楽しめないということは全くない。

これが私が感じて思っていることです。

まず、当たり前ですがそりゃあ現地で参加する方が楽しいです。これは紛れもなくゆるぎない事実です。

  • 会場の熱気、臨場感、一体感
  • アーティストとの距離の近さ
  • 生歌や生演奏

こういったものは実際に現地でしか直接肌で感じることができません。これがまさに醍醐味であるとも言えます。

ほかにも挙げようと思えば現地参加でしか味わえないことなんてたくさんあります。

こういったことが味わえないのは、正直ライブ配信を見ている時でももどかしく感じてしまう時があります。

今回はこれを認めます。

ライブ配信でのデメリットはたくさんあるということは認めるしかありません。

これは事実ではある。その一方で

ライブ配信にしかないメリットというものがあり、ライブ配信でもコンサートを楽しむことができる

これを今回はあえて伝えていきたいです。

言うならば、

『コンサートのライブ配信を救いたい』

というところですかね。

少し前置きが長くなりましたが、

次はライブ配信のメリットを見ていこうと思います。

ライブ配信のメリット

ここからはライブ配信のメリットをいくつか挙げていきます。

  1. 現地に行けなくても参加ができる
  2. 出費を抑えられかつ楽しみ方の幅を広げられる
  3. 自由な環境で参加できる
  4. アーカイブがあれば新たな発見ができる

1.現地に行けなくても参加ができる

これは、ライブ配信の存在意義みたいなとこではありますね。

突然急用ができて会場に行けないあるいはチケットを入手できなかったなど、そういう人でも自分の好きなアーティストのコンサートを見ることができる、それだけでも参加することができたと感じて楽しめます。

2.出費を抑えられかつ楽しみ方の幅を広げられる

どういうことかというと、

まずライブ配信の方は会場までの移動費がかかりません。会場が遠くて飛行機で泊まりとかだと下手するとチケット料金の2,3倍くらいかかります。

そしてもうひとつ、基本的にライブ配信のチケット料金は現地のチケット料金よりも低く設定されていることが多いです。

この段階で、ライブ配信の方が現地よりもかなり出費を抑えることができています。

ですがこれだけだと、ただライブ配信にしたからそうなっただけのことですので、もう一歩踏み込んで、

この抑えた分で例えば、コンサートグッズを買ったりコンサートのDVDを買ったりなど、

現地参加で出費が多いととても考えられなかったお金の使い方でコンサートとしての楽しみ方の幅を広げることができます。

3.自由な環境で参加できる

個人的にはこれがコンサートのライブ配信最大のメリットであると思っています。

あえて自由と書いたのは、現地においてルールで禁止されてたりマナーとしてしてはいけないことだったりというのをライブ配信だとできてしまうということです。

例えば私がよくやるのは、配信を自宅で1人で見る際、ビールとつまみを用意してリラックスした状態で視聴、そして配信の様子をSNSで実況するというものです。正直すごく快適なので結構気に入ってます(笑)

ほかにはTwitterなどで見かけるのは、会議室のような場所を借りてそこに気心の知れた仲間だけで集まって好きなように盛り上がりながら配信を見るという形もあります。

いずれにしても、これらは現地ではぜったいにできないことです。

現地に存在するルールやマナーを気にせず、自分で自由な環境を作れるので満足度が上がり、コンサートを楽しめているのではないかと思っています。

4.アーカイブがあれば新たな発見ができる

最後は少し限定的にはなりますが、これは理由としてはかなり大きいです。

コンサートのライブ配信には期間限定のアーカイブがあるものがあって、これがあると期間内なら何度でも視聴できます。

見逃してしまった場面やお気に入りの場面を見返すことができ、1回見ただけではわからなかったような新たな発見をすることができるかもしれません。

この発見というのがおもしろくて、

「ここでこの仕草をしたのはなぜだろう」とか「ここでいつもと違う歌い方をしてる」とかいろいろ気づいて自分の中で考察してみたり、後日実際に本人から裏話的なことが聞けたときにその話がわかったりとほかの人より深くそのコンサートを楽しめていると言えます。

アーカイブがあるライブ配信限定の話にはなりますが、アーカイブがあるおかげでそのコンサートにおける機会損失がなくなるということです。

まとめ

ここまで見てきて、ライブ配信にはライブ配信のメリットがしっかりあって、決してコンサートが楽しめないわけではないということが分かったと思います。

このご時世やむを得ないという事情もありますので、コンサートにおけるライブ配信はこれからますます増えていくことが予想されます。

そういった中で、ライブ配信でもコンサートが楽しめるということを思う人が増えて、1人1人がどんな形でも自分の好きなアーティストのコンサートを楽しいと思えるようになればいいなあということです。

今回は以上です、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました